蜂退治のスペシャリストを見つける|害虫駆逐の専門家

微笑む男女

危険な害虫を駆除

ワーカー

毒を持った鋭い針で攻撃をしてくるハチは人間の安全な暮らしを脅かす害虫として知られています。ハチに刺されてしまうと強烈な痛みが走り、赤く腫れ上がってしまい、最悪の場合はアナフィラキシーショックが起きてしまう可能性があります。ハチの針に備わっている毒はヒスタミンというアレルゲンが含まれており、ヒスタミンによって起こる激しいアレルギー反応のことをアナフィラキシーショックと言います。アナフィラキシーショックが出ると、全身に蕁麻疹などの皮膚症状が現れ、むくみや嘔吐の症状が現れ呼吸困難に陥ります。意識が朦朧として血圧も急激に低下してしまい、最終的には心停止状態になってしまいます。アナフィラキシーショックの症状が出てから心停止になるまでの時間は15分と非常に短く、年間20~30人ほどがハチに刺されて命を落としています。このような危険なハチが自宅に巣を作ると大切な家族が命を落としてしまう可能性もありますので、蜂退治を行なって暮らしの安全を守りましょう。
自宅にハチが現れた場合に一匹一匹を退治していってもキリがありませんので、根本となる巣を取り除く必要があります。ハチの巣を取り除こうとすると怒ったハチから総攻撃を受けるため、ハチの巣除去は非常に危険な作業です。素人が下手に手を出すと大怪我をしてしまうリスクが有りますので、専門の蜂退治業者に依頼して退治をしてもらうのが良いでしょう。専門の蜂退治業者はハチから身を守る専用の防護服や、ハチの巣に薬剤を散布する為の機材などを持っているので、安全かつ効率よく蜂退治を行なってくれます。